《新規受講生募集中》

いけばな嵯峨御流(さがごりゅう)

いつのころからでしょう、人の心にゆとりがなくなったのは-。
ふと立ち止まり振り返ってみると、何か忘れてしまった社会。お金にも物にも代えられない“心の豊かさ”があったと…。


そんな現代人のむなしさに、小さな花の生命が答えてくれます。
人は花をいけて、悲しみを和らげ、慶賀を表現します。
いけばなには、幸福と喜びの世界があるといわれています。

嵯峨御流は、長い伝統によって練り抜かれた基本花形を正しく構成することを心掛けます。
一輪の花が宿す生命を大切に生かそうという姿勢の心を育て、調和の世界への歩みをご一緒に一歩踏み出してみませんか?

 

※当講座のご入会受講は、授業の事前見学、並びに講師との面談後の承りとなります。ご了承ください。

 

 

お稽古当日のお花

【2019.11.2】「上級クラス」の『荘厳華(しょうごんか) 空相(くうそう)の花』。高度な技術が必要な、嵯峨御流らしい清らかで品格あふれる作品でした。花材は、谷渡り、ピンクッション、ドラセナゴットセフィアーナ、ダリア。

 

【2019.10.19】「初・中級クラス」の『盛花』。菊だけを使用して静かな秋を表現しています。

 

【2019.9.29】「上級クラス」の『生花 秋のいけ方』。本日は、珍しい杜若の実を使いました。

 

※こちら以前の画像は下の段にございます。スクロールしてご覧くださいませ。

講師

《講師》木下 春泉 ほか

 

2019年10月期日程~新規入会・受講生受付中~

日程》

「初級・中級クラス」第3週(土)10:00~13:00+第4週(日)10:00~13:00
10/19,27   11/16,24   12/15(第3週(日)),21

 

「上級クラス」第1週(土)15:00~18:00+第4週(日)14:00~17:00

10/5,27   11/2,24,30(第5週土曜。14:00~17:00)  12/15(第3週日曜)

 

《空席状況》残席は「初級クラス」若干名様ございます。

※初級クラスの入会受講ご希望の方は、事前に授業をご見学いただき雰囲気や進め方等をご確認、並びに講師と直接お話し後、承っております。ご了承ください。

 

納入金額&入会受講申し込み方法

【納入金額】 税込(10月期)

1.受講料 3ケ月 6回 19,800円
※別途花材費 3ケ月分 13,200円。講師へ直接お支払いください。特別花材の時は追加料金をいただく場合がございます。予めご了承ください。


2.
ビル管理共益費  全クラス共通 550円


3.スクール入会金(無期限有効)5,500円

《「初等科」御新規の方の合計前納入金額》25,850円

 

【入会・受講方法】

入会と受講のご案内」をご高覧、内容をご確認のうえお問い合わせください。

email: ecole@email.plala.or.jp  またはお電話 03-6228-7809 平日(火曜日以外)12時~20時、火曜日16時~20時、土日11時~18時、祝祭日定休》 

 

お持ち物

筆記用具、花ばさみ、花合羽(花を包んで持ち帰る) ※講師から流儀のものを購入ご希望の方は、初回直接お申し出ください。花バサミ(6,006円)、花合羽(990円)、花袋(1,424円)。

 

振替制度

1学期中1回まで、日曜クラスへのお振替が可能です。詳しいルール等はご入会後、講師から直接お話致します。

 

お願い

レッスン中の撮影(作品花は可)、録画、教室内での携帯電話等はマナー上、ご遠慮ください。

 

ご注意事項

■お手荷物は自己管理をお願い致しております。紛失破損等の際、賠償責任は負いかねます。十分にご注意ください。

■一度納入いただいた入会金・受講料等は全額返金できかねますことをご了承ください。

■1期ごとにお渡しする「受講証」は必ず毎回ご携帯ください。

■日時、内容は変更する場合がございます。ご了承ください。

 

お稽古花

 

【2019.9.21】「初級・中級クラス」の『中秋の名月』。すすきの美しさを中心にお稽古しました。

 

【2019.9.14】「上級クラス」の『中秋の名月』。花材は竜胆、秋明菊、鷹羽薄。斑入りの鷹羽薄が

しなやかに揺れ静かな秋を感じる作品となりました。

 

【2019.6.29】「上級クラス」の『盛花の応用作品』。花材は擬宝珠(ぎぼうし)の葉、ガーベラ、瑠璃玉薊。今日は皆さん、比較的短時間で自由にいけられました。


【2019.6.23】「初・中級クラス」の『瓶花』。花材は立ち姿が優雅で美しいアガパンサス。涼しげな印象を与えてくれる葉物はシマガマ。緑艶な葉物は、モンステラです。

 

【2019.4.6】「上級クラス」の『飾盛(しょくせい)体』。花材は浅緑の葉を背景に鮮やかな黄色の花を咲かせる山吹にミリオクラダスを配しています。画像は左から先生と受講生様の作品です♪

【2019.3.16】「初級・中級クラス」の『瓶花(懸成体)』作品。花材は小手毬とストックです。

 

【2019.3.2】「上級クラス」の『瓶花(応用作品)』。花材は春らしい小手毬と桔梗蘭でした。画像は左からU様、T様の作品です♪

【2019.2.16】「初級・中級クラス」の『瓶花』。啓翁桜を中心に。まだ寒い時期の桜で、地中近くから咲き始める姿のお勉強でした。

【2018.12.29】「お正月花」特別稽古。木下春泉先生作『平成31年歌会始 お題“光”』にちなんだ神々しい光りに満ちた作品です。

 

【2018.12.1】「上級クラス」の中国の文人に則り『文人華』。“天仙清香(てんせんせいこう)”といって、南天と水仙で清い香りを感じさせる格調高い作品でした。

 

【2018.11.25】「上級クラス」の応用で難易度が高い『森林の景』。

花材は、梅の古木(苔木)、伊吹、躑躅、小菊です。梅の古木は、倒木にみたてこの作品の時には必ず使用するそうです。標高の高い湖とその背景に自然植生している木々たち。木々の間から水辺に差し込む木漏れ日。

木々の足元に密かに花をつける植物。風が吹き、木々が揺れる静かな音が聞こえてきそうです。 

 

【2018.11.3】「上級クラス」の『瓶花 垂成体』。花材は蔓梅擬(ツルウメモドキ)、竜胆(リンドウ)で野山の彩りを感じさせる取り合わせと、蔓の動きが美しい作品でした。併せて作品と先生方を囲んで本日ご出席の皆様を撮影させていただきました!

 

【2018.10.6】「上級クラス」の『荘厳華 草の真』。

花材は、雪柳、ヤリケイトウ、唐辛子、赤バラ、秋明菊、カークリコ、ゼラニウム。

 

【2018.9.23】「初級・中級クラス」「上級クラス」。本日は、9種の秋草で秋草の錦いけです。

花材は、上からすすき・孔雀草・リンドウ・藤袴・女郎花・菊(黄)・われもこう・小菊(赤)。色の順番も自然の景色、状態から成り立っているとのことです。 

 

【2018.9.15】「初級・中級クラス」。花材「ダリア、ユーカリ、シンフォリカルポス」

瓶花のお稽古:花瓶に沿って流れるようなユーカリがポイントでした。

 

【2018.8.4】「上級クラス」。花材「谷渡り」

 

【2018.7.21】「初級・中級クラス」

【2018.6.16】「初級・中級クラス」

花材:紅スモモ、コデチア(ピンク)、リアトリス、フトイ、ヒマワリ、ゴッドセフィアーナ、ピットスポルム

【2018.5.19】「初級・中級クラス」

ごいっしょにいかがでしょうか!? 関連講座のご紹介