《4月期キャンセル待ち受付中!※正座が難しい方のために簡易椅子もご用意しております》

小笠原流惣領家煎茶道

【お稽古報告】

【2021.2.21】上巳の節供に向けて小笠原雛などを飾り、雛人形の歴史や飾り方の基本も学びました。女雛のお菓子が可愛らしいですね!

日脚が伸びてまいりましたが、まだ幾分寒い日もありますので、焜炉で焙じ茶を作っていただきました。
なお、お受験でお休みされていた母娘様が本日ご復帰くださり、とても嬉しゅうございます。

【2021.1.17】今年も無事に新年を寿ぐ儀式を行い、お屠蘇や大福茶などもいただきました。本日のお菓子は『源氏物語』にも登場する「椿餅」でした♪

 

 

【2020.12.20】本日は皆様、お着物でゆったりと落ち着いてお点前をされ、無事に稽古納めを行うことができました。

 

 ※こちら以前の「ご報告」は当ページの下段にございます。ぜひスクロールしてご覧ください!

※2017年12月以前の【ご報告】は 次ページ の《アーカイブページ》をぜひご覧くださいませ!

 

 

講座紹介

生活やビジネス~日常、国際交流にも役立つおもてなしを銀座で学びましょう~

月に一度、美味しいお茶の淹れ方、差し上げ方、いただき方を身につけながら、日頃のご自分の立ち居振る舞いや所作を確認する為にも、礼法(マナー)を学ぶ…そんな時間を大切にしませんか!?

小笠原流礼法宗家本部師範、小笠原流惣領家煎茶道師範、小笠原家茶道古流教授として活躍中の講師が、銀座で心を込めてお教えする日曜午前の “美しい和のお稽古”!

 

おひとりおひとりが日本の女性として、誇りと自信を持って外国の方をお迎えできるように和のたしなみを身につけましょう。

グローバル時代だから知っておきたい素敵な日本文化のひとつ、『煎茶道』。

 

季節の移ろいを感じながら、煎茶、玉露、焙じ茶、香煎茶、冷茶など、身近な日本茶を美味しく丁寧に淹れてみる(小さな煎茶器を使って味わいます)、差し上げる、お客としていただく…礼儀作法も身につきます。

「正座が難しい…」という方へは簡易椅子ご用意しておりますので、安心してお稽古していただけます。

 

相手を思いやる心を育み、TPOに相応しいマナーを身につけ、日常生活やビジネス、国際交流等でのおもてなしに、ぜひお役立てください!!(ご希望の方は免状も取得できます)。

 

【歴史・特長】

夏目漱石『草枕』にも登場する黄檗の三筆(隠元・木庵・即非)の一人、即非如一を流祖としています。

室町時代より受け継がれている小笠原流礼法をとりいれており、美しい立ち居振る舞いも身につきます。

 

【お免状について】

1年目以降「入門」、2年目以降「初伝」、以降「中伝」「皆伝」「相伝」などの取得が可能です(有料)。詳細は先生へ直接ご相談ください。

 

さらに、ご希望の方には、袋物作りなどの講習会や、上級を目指す方のための特別稽古礼法や茶道クラスと合同の茶会や日本文化関連の研修旅行など、楽しい企画もご案内しています。

 

※ご参考【小笠原家茶道古流とは】村田珠光より「心の文」を授けられた、珠光第一の弟子・古市澄胤の系譜です。室町時代より受け継がれている小笠原流礼法をとりいれており、美しい立ち居振る舞いも身につきます。

 

 

入会受講へ向けた体験レッスン開催!《当講座への入会・受講ご希望の方が対象です》

「一度体験してから入会を決めたい」という方のために1回に限り体験レッスンをご用意しました。受講生の方が淹れてくださったお茶をいただきながら、和のマナーを学びます。正座に自信がない方の為に、簡易椅子もご用意しております。ぜひお気軽にご参加ください。

 

 《日程》(日)①.  10:45~11:45(1時間) -満席-

※締切:前々日17時までにお申し込みください。

 

《予定内容》受講生の方が淹れてくださったお茶をいただきながら、和のマナーを学びます。

《体験レッスン料》1回税込1,760円(教材・水屋料込)

《お持ち物》白いソックス  

 

※お申込み:「講座名、日時」をお申し付けの上、email: ecole@email.plala.or.jp

またはTEL 03-6228-7809 へお気軽にお問合せください。詳細をご案内申し上げます。

 

※レッスン日直前の場合はご相談ください(なお直前予約・当日お手続きの場合、欠席キャンセルされても授業準備の都合上受講料、教材代は頂戴いたします。あらかじめご了承のうえお申し込みください)。

 

※事前のお手続きの場合も一度ご入金いただきますとキャンセル・欠席の場合、全額返金できかねます。あらかじめご了承のうえお申し込みください。

 

 

講師

《講師》小笠原流惣領家煎茶道師範  赤川 澄子

 

学校やカルチャーセンター他で、マナー、茶道、煎茶道、生け花、着付け、英語で学ぶ日本文化講座などの講師を務める。現在、外国人にもマナーや茶道を教えるなど幅広く活躍中。TV出演しマナー講座を担当。礼儀作法賞受賞。 

 

※エコールプチピエ銀座 担当講座 銀座で大人の自分磨き~基本から学ぶ美しいマナー・礼儀作法レッスン(現在休講中)

 

2021年1月期日程 ~満席御礼!4月期キャンセル待ち受付中〜

《日程》第3週日曜日 10:30~12:30. 1/17  2/21  3/21

 

《講座内容》

① 煎茶の淹れ方、差し上げ方、いただき方

② 知っておきたい和のマナー・礼儀作法

毎回、時間内で季節感あふれる様々なカリキュラムを盛り込み楽しくお稽古して参ります。

 

《予定テーマ》1/17「大福茶」 2/21「焙じ茶」  3/21「おたのしみ」

※テーマは変更になる場合がございます。ご了承ください。

 

《空席》満席。4月期キャンセル待ち受付中

 

 

2021年4月期日程 ~キャンセル待ち受付中〜

《日程》第3週日曜日 10:30~12:30. 4/18  5/16  6/20

 

《講座内容》

① 煎茶の淹れ方、差し上げ方、いただき方

② 知っておきたい和のマナー・礼儀作法

毎回、時間内で季節感あふれる様々なカリキュラムを盛り込み楽しくお稽古して参ります。

 

《予定テーマ》4月:日本の伝統色1 5月:日本の伝統色2 6月:おたのしみ

※テーマは変更になる場合がございます。ご了承ください。

 

《空席》キャンセル待ち受付中

 

 

納入金額・受講方法

【納入金額】 税込(4月期)

1.受講料 3ケ月 3回 10,560円(教材・水屋料込)

2.施設維持費 全クラス共通1期 880円 ※同学期中、他講座もご受講の場合は免除。

3.スクール入会金(無期限有効) 6,600円

《合計納入金額》 18,040円

 

【受講申し込み方法】

入会と受講のご案内」をご高覧、内容をご確認のうえお問い合わせください。

email: ecole@email.plala.or.jp  またはお電話 03-6228-7809 《平日(火曜日以外)12時~20時、火曜日16時~20時、土日11時~18時。 祝祭日定休》 ※締切:講座前々日17:00

 

 

お持ち物

白いソックス、茶道用の扇子、懐紙、菓子切り楊枝。※受付販売価格:茶席用扇子(1,000円)、懐紙(120円)、菓子切り楊枝(400円)

※正座が難しい方には、講師が「簡易椅子」を用意しておりますのでご安心ください。

 

振替制度

制度はございません。

 

お願い

1.講師講義中の撮影(講師が了承の場合は可能)、録音、録画、教室内での携帯電話使用等はマナー上ご遠慮ください。

2.ご来校並びに教室へのご入室はお稽古開始15分前(10:15)以降となります。あらかじめご了承ください。

ご注意事項

■お手荷物は自己管理をお願い致しております。紛失破損などの際、賠償責任は負いかねます。十分にご注意ください。

■一度ご入金いただきました受講料等は、全額返金できませんことをあらかじめご了承ください。

■1期ごとにお渡しする「受講証」は必ず毎回ご携帯ください。

■日時、内容は変更する場合がございます。ご了承ください。

 

 

お稽古のご報告画像 (2018.1~)

【2020.11.15】

七五三を意識したお花を飾り、受講生様のお孫様のご誕生をお祝いしました。また、一時的にマスクを入れるのに便利な折形(おりがた)を、英語の表現も学びながら皆様で折りました。早速、お点前中も使いましたが、かさばらずに携帯でき、様々な用途に使えそうです!

お茶やお菓子3種は先生の金沢土産でした♪

 

【2020.10.18】今学期から新たに入会された受講生様や、体験受講の方もご一緒に、本日も和やかにお稽古が行われました。

床の間に実のものを飾り、「十三夜」のしつらいの中、自然の恵みと収穫に感謝しながら、美味しいお茶とお菓子をいただきました♪

【2020.9.20】秋の味覚のひとつ、葡萄のお菓子をいただきました。酸味と甘みと瑞々しさが見事に調和したお味です!本日は皆様で基本のお点前をおさらいしました。

 

【2020.8.23】本日は、7月休講分の振り替えレッスンでした。

旧暦の七夕が近いこともあり、笹と短冊の茶器を使いました。

レモンやミントなど、涼味あふれる香煎茶が美味しかったです!

 

【2020.8.16】久しぶりにお稽古が再開し、受講生様と再会を喜びあいました!

暦の上では秋ですが、残暑が厳しい為、涼しげな床の間に設えました。そして涼し気な茶器で、喉越し爽やかなお煎茶をいただきました♪

 

【2020.3.15】本日は学期末の「おたのしみ」ですが、芽茶、山茶、玉緑茶他、色々な茶葉を味わいました。また、桜の葉が中に包まれたお菓子は、ほんのりとした香りや、ふんわり柔らかな食感があって美味しかったです!季節の床飾りなどしつらえながら、ゆったりとした時間を過ごすことができました♪

【2020.2.16】お楽しみのスイーツは、焼菓子を今年の恵方(西南西)をイメージしながらいただきました。

また、「出雲と大和」展に行かれた受講生様のお土産など、いろいろ味わいました!

 

 

【2020.1.19】令和2年の初稽古を行いました。新年に相応しい飾りで床の間を設え、お屠蘇や床の間のお供えものをいただいたり、大福茶などをいれました。

また、先生が切ってこられた竹を使い、磨き方を教わったり、お手製の花器に水仙を生けたり、盛りだくさんでした♪

 

 

【2019.12.15】本日は、お煎茶と共に蜜煮のゼリーに包まれた艶やかなサクランボや、金沢土産のお菓子などをいただきました♪

 

 

【2019.11.17】本日は、さんぴん茶、シークワーサーティー、ゴーヤティー、ハイビスカスティー、読谷村や伊江島のお菓子、壺屋焼のお道具など、本日は沖縄にちなんだ取り合わせを愉しみました♪

 

 

 

 

 

【2019.10.20】本日はご体験の方がお見えになり、皆様で秋の味覚を堪能しました♪

お陰様で10月期は満席御礼!20201月度キャンセル待ち受付中です。同じ講師による 銀座で大人の自分磨き~美しい和のマナー・礼儀作法レッスン 講座との振替レッスンも可能になり、より通いやすくなりました!!

 

 

 

【2019.9.15】本日は学期末の「おたのしみ」お稽古ということで、礼儀作法を中心にたくさんのことを学びました。また重陽の節供(節句)について先生から歴史などを伺い、実際に着せ綿(わた)を作って床の間に飾りました。そのほか、柚子の紅茶を淹れたり、出し方、召し上がり方などを貴重なお道具と共に楽しみました。

【2019.8.18】暦の上では秋ですが、暑い日が続いていますね。涼し気な蛤のお菓子で浜辺へ行った気分になりました。また、受講生T様ご懐妊のお祝いに、縁起の良い犬の干菓子もいただきました♪

【2019.7.21】暑い時期ですが、愛らしい金魚が涼を呼んでいますね♪先生のお知り合いのエストニア土産のイチゴは、なんとマジパンです!

【2019.6.16】本日は皆様で立礼のお点前を行いました。

夏の野菜を生けたり、先生の高松土産などをいただきながら楽しみました♪

 

 

 

 

【2019.5.19】令和元年になり、皆様お揃いでのお稽古となりました。

本日のテーマは「新茶」♪新緑をイメージしたお菓子&緑茶の懐紙が清々しいですね!

 

 

 

 

 

【2019.5.1】「特別稽古」。記念すべき令和元年の初日に行われた特別稽古。

「平成」に感謝し、「令和」の時代も健やかな毎日を過ごせるよう、祈りを込めながら煎茶を淹れました。

本日のお菓子はおめでたい紅白の取り合わせ♪

柏の葉は新芽が出るまで木の葉が落ちないといわれることから、柏餅には子孫繁栄など縁起の良い意味が込められているそうです。美しい和の文化がご令嬢に伝えられている光景は、とても微笑ましく、素晴らしい幕開けとなりました。

【2019.4.21】4月期第1回目のお稽古は、全員お揃いで行われました♪

前半はマナーを学び、後半は様々な形状の急須を使って煎茶を淹れました。清涼感のあるよもぎのお菓子がとっても春らしいですね!

 

 

 

 

 

【2019.3.17】本日のお楽しみ、グリーンピーチ(緑色をした若い桃の実)がまるごと入ったお菓子でした。爽やかな桃飴とお餅が大変美味しゅうございました!

 

 

 

 

 

【2019.2.17】本日は、先週の続きと基本のお点前、立居振舞などのレッスンを行いました。お楽しみのお菓子は、先生の金沢土産で干支にちなんだ愛らしいお菓子でした♪

 

 

 

 

 

【2019.2.10】本日は1月の振替レッスンでした。初饗(ういきょう)や食積(くいつみ)などの儀式を行った後、大福茶をいれました。

今年は御代替わりが行われ、元号も改まりますが、ご皇室に縁のある菊のお菓子をいただきました。さくっとした皮に、あっさりした程好い甘さの粒餡が上品でした!

 

 

【2018.12.16】本日は学期末の『おたのしみ』ということで、3名の受講生様に先生が用意された花材で思い思いにお花をいけていただきました。同じ花材で同じ花器を使われましたが、それぞれ個性豊かで素敵ですね!

お菓子は、先生が大津へ行かれた際、叶匠壽庵の本店で購入した菓子銘「車石」。江戸時代、大津と京都を繋ぐ逢坂峠に、牛車専用道路として切石が敷き並べられ、通行に役立てたことに由来するそうです。当時の様子が偲ばれるデザインでした。

【2018.11.18】本日は、基本の玉露と煎茶をお稽古しました。お菓子は、なんと「柿のミルフィーユ」♪ 皆様、大喜びでした!

 

 

 

 

 

 

【2018.10.7】本日後半のお点前は香煎茶でした。お楽しみのお菓子は、「手亡豆(てぼうまめ、てぼまめ、てぼうず=白いインゲンマメ。白餡にする)」の入った栗きんとん、更には前ご宗家の「おしるし」の意匠をあしらったお干菓子をいただきました♪ 

 

 

 

 

【2018.9.16】「おたのしみ」。本日は学期末恒例、先生のご趣向による“おたのしみ”。床の間には、紫色の穂が美しい古代米を飾り、皆様でお月見の気分を味わいました。併せて全員お揃いでしたので先生と皆様で色々な種類のお茶を楽しむことができました♪

【2018.8.19】暦の上では秋ですが、日中はまだ残暑が厳しいですね。

そんな中、本日は冷茶をいただきました。金魚をイメージしたお菓子が涼し気ですね~

小学生のお嬢様とお母様の母娘生徒様も、夏休みの良い思い出になったのではないでしょうか♪

 

【2018.7.15】明日は海の日♪透け感のある上品で涼し気な夏のお茶碗ですね!皆様、前回手作りされた「茶具褥(ちゃぐじょぐ。さぐじょぐ。煎茶道具の下に敷くもの)」をさっそく使ってのお稽古をされました。

 

 

 

【2018.6.17】本日のお稽古は「茶具褥作り」でした。
受講生の皆様は、お好みの生地で「茶具褥(ちゃぐじょぐ。さぐじょぐ。煎茶道具の下に敷くもの)」を作りました。

こちらは、余った縮緬で先生が作られた紫陽花の針山です。今の時期にぴったりですね♪

 

※なお先日、入間市美術館で開催された赤川先生による「折形(おりがた)の礼法展」会場には、折形や水引、結び、茶道具、煎茶道具など、200点以上の品々が並べられました。期間中、ワークショップ「鶴と扇の箸包み作り」などもありました♪

先生より「お忙しい中、足をお運びいただきまして、ありがとうございました。お蔭様で無事終えることができました。この場をお借りして、心より御礼申し上げます。」

 

【2019.5.20】夏も近づく八十八夜♪ 新茶の美味しい季節になりました。

八十八夜にお生まれになった先生が持ってきてくださったのは・・・.

先生の親先生が手で摘んでこられた茶葉でした!

深い谷間の急斜面で育ったお茶は、霧の影響もあって、渋さの中に軽やかな甘さがあり、とても印象的で美味しかったです。

 

 

【2018.4.23】本日より母娘様が入会され、全員ご継続の皆様とお揃いでの初稽古となりました。お嬢様はさっそくお母様が見守られる中、美味しいお茶をいれていただきました!

また、先生が「花王」とも称される牡丹をお持ちになり、水揚げの仕方など教えていただきました。物の扱いや美的感覚、協調性など、豊かな感受性を育むのにふさわしいお稽古でした。

 

【2018.3.18】「おたのしみ」

本日の和菓子は、尺八の名曲「鶴の巣籠」に由来するものだそうです。

各地で桜の開花が宣言されましたが、今年もお花見が楽しみですね♪

春限定で桜の葉が入っており、ほんのりと桜の香り漂う餡とチョコレートが絶妙で、上品なお味でした!

ちなみに、題字は先代のご宗家が書かれたのだそうです。

 

そして4月期から母娘様が入会されますが、こうして、日本文化が代々伝わっていくのは素晴らしいことですね!

 

【2018.2.18】「焙じ茶」

まだまだ寒い日が続いていますが、そんな時期にぴったりの焙じ茶。桃の節供らしい床飾りで気分が上がります。初めて焙じ茶を体験される方々は、どきどきですね。焙じ加減が難しいですが、お部屋にお茶の芳しい香りが広がっていきました。

 

焙じ茶の香ばしさやまろやかさが楽しめ、とても美味しかったです!焙じないバージョンとお味を比較したりして、良い経験ができました。

 また、お誕生日を迎えられる受講生様がいらしたので、皆様でお祝い申し上げました。(おめでたいお柄の茶器でした!)

 

【2018.1.21】「新年会」

本日は洋室での初稽古。小笠原流らしい設えで、気分があらたまります。新年の儀をおこなった後、お屠蘇をいただきました。(様々なお道具の名称や歴史、扱い方なども教わりました!)

 

新春を寿ぐのに相応しい絵柄の茶器を使い、一年の健康を祈って大福茶を淹れ、蓋茶碗の扱いや、召し上がり方など教えていただきました。

画像の干支の懐紙に無瓢(無病)を意識した干菓子が愛らしいですね!

 

ゆかしい日本文化のひとつ、「折形(おりがた)」も作りましたが、「折形」と「折り紙」の違いを教えていただき、理解が深まりました。

 

今年は銀座で煎茶道デビューを飾ってみませんか?1年(全12回)を通じて、様々なお茶を味わえます。
また、マナーといえば何百年もの歴史がある小笠原流ですが、経験豊富な講師よりマナー・礼儀作法を教わる素晴らしいチャンスです!

 

※2017年12月以前の【ご報告】は 次ページ の《アーカイブページ》をぜひご覧くださいませ!

 

ご一緒にいかがですか!?関連講座のご紹介