《新規入会受講受付中!(2018年10月期まで『茶道モデルヌ(モダン)教室』)》

~季節感を楽しみながら~洋室ではじめる茶道のお稽古 十二ケ月-表千家流-

お稽古報告

【2019.10.9】秋のお茶道具やお花を塚本先生のご説明で拝見。和菓子銘も「山路」と、秋のお稽古を満喫しました!

 

【2019.9.11】<本日の季節のしつらい>秋尽く茶道具と和菓子を拝見させていただきました。
秋の虫の絵柄の香合(こうごう。お香を入れる器)に、表面が漆黒で内側が金色の 月を表した棗(なつめ。抹茶を入れる器)、秋の和歌を題材にした茶杓(ちゃしゃく。抹茶をすくいとる茶さじ)、そして和菓子は重陽の節句にちなんた練り切り製の『着せ綿』。お茶で季節を感じる、とっても風雅な時間でした!!

 

こちら以前の画像は当ページの下段にございます。ぜひスクロールしてご覧ください!

 

講座紹介

洋室で茶道のお稽古をはじめてみませんか!?

「茶道のお稽古を習ってみたいけれど、脚の痺れが心配で躊躇している…」

「まずは洋室でお稽古をはじめ、自分に合っていそうなら和室の表千家教室へ移動したい」


「実生活や旅行先でいかせる内容のお稽古を受けてみたい」

 

・・・このような方へぜひお勧めいたします。

瑞々しい季節感を伴う日本の伝統文化の素晴らしさを日常にさりげなく取り入れましょう!

男性の方にもぜひおすすめいたします。

《講座内容のご紹介》

●テーブル&椅子席で「表千家流」の基本のお作法(お客様の席入り、お辞儀や立ち居振る舞い、お軸や道具の拝見、お茶と和菓子のいただき方)と、お点前(割り稽古、盆点前、風炉釜を使った立礼-りゅうれい-による薄茶)を習います。お客様としての作法や、茶道の基本的なお点前が身につきます。

●毎月のテーマに沿った“茶の湯の瑞々しい季節感”を感じていただけます。

 

ご自宅のリビングルームやオフィス等でお茶のもてなしをする際に役立つ、流儀に則った正式な作法が学べます。  

《おすすめポイント》

◆当日時間帯の変更が可能です。有効にご利用ください。

◆オプション:1学期中1回まで、月曜日の 茶道 表千家教室 18時、または19時半へ「お客様役」でご受講参加が可能です。※振替、または追加受講(事前に別途納入申込制)。

 

入会受講へ向けた体験レッスンのご案内 《レギュラー受講ご希望の方が対象です》

新規入会受講キャンペーン実施中(ご入会の方へ季節の絵柄の“懐紙”をプレゼント!)

お楽しみ!季節の和菓子
お楽しみ!季節の和菓子

「一度体験してから入会を決めたい」という方のために体験レッスンをご用意。お客様役で立ち居振る舞いや、茶菓をいただきながら受講生の方のお点前を拝見していただきます。ぜひお気軽にご参加ください。

 

《日程》(水)①11/13. (1)18:00~19:30(2)19:30~21:00. ※前々日月曜日の15時までにお申込みください。

 

《体験レッスン料》1回 税込 2,090円(水屋料込み) 

《お持ち物》筆記用具

 

※お申込み:「講座名、日時」をお申し付けの上、email: ecole@email.plala.or.jp 

またはTEL 03-6228-7809までお気軽にお問い合わせください。詳細をご案内申しあげます。ぜひお待ちしております!

 

※レッスン日直前の場合はご相談ください(なお直前予約・当日お手続きの場合、欠席キャンセルされても授業準備の都合上受講料、教材代は頂戴いたします。あらかじめご了承のうえお申し込みください)。

 

※事前のお手続きの場合も一度ご入金いただきますとキャンセル・欠席の場合、全額返金できかねます。あらかじめご了承のうえお申し込みください。

 

講師

《講師》表千家 教授 塚本 宗香

エコールプチピエ銀座「茶道 表千家」、「アンファン(お子さま)茶道(表千家流)」担当講師

 

2019年10月期日程~新規入会・受講受付中~

■第2週水曜日  ①18:00~19:30 ②19:30~21:00. ※両時間帯とも初心者の方がお入りいただけます。 10/9    11/13    12/11

 

■季節のテーマ

 

「10月」 芋名月 月にちなんで"丸"尽くしで一服

「11月」 紅葉狩り 茶席の着物

「12月」 埋み火 一年の無事に感謝を込めて

 

■空席状況 ①クラス:4名様、②クラス:3名様の残席がございます。途中入会可能。

 

納入金額・入会受講方法

【納入金額】税込(10月期)

 1.受講料 3ケ月 3回 9,240円

 2.水屋料 3ケ月分    2,970円

 3.ビル管理共益費  全クラス共通 550円

 4.スクール入会金(無期限有効)5,500円

《御新規の方の合計納入金額》18,260円

 

※お稽古用具(袱紗、お茶席用扇子、菓子切り楊枝、懐紙、袱紗ばさみ)をご用意ください。受付でのセット販売価格 5,500円(下記にお持ち物の見本画像がございます)。

 

 【入会・受講方法】

入会と受講のご案内」をご高覧、内容をご確認のうえお問い合わせください。

email: ecole@email.plala.or.jp  またはお電話 03-6228-7809 《平日(火曜日以外)12時~20時、火曜日16時~20時、土日11時~18時。 祝祭日定休》

 

お持ち物

左上より時計まわりに)袱紗(ふくさ)表千家流:オレンジ色、茶席用扇子、懐紙と菓子切ようじ、袱紗ばさみ
左上より時計まわりに)袱紗(ふくさ)表千家流:オレンジ色、茶席用扇子、懐紙と菓子切ようじ、袱紗ばさみ

各自のお稽古用具(袱紗、お茶席用扇子、菓子切り楊枝、懐紙、

袱紗ばさみ)

※左の写真をご参照ください。受付でのセット販売価格 5,500円。
なお入会受講生以外への一般販売は行っておりません。ご了承ください。

※男性用は色やサイズ等が異なります。初回に先生へご相談ください。

※ご参考:講師推薦図書『表千家茶道十二か月(日本放送協会)』

振替制度

1.【お稽古当日】別時間帯クラスへの振替が可能です(例:18時クラスご在籍の方が、当日お仕事の都合で19時半クラスへ振替出席)。可能な限り事前にご一報をお願いいたします。


2.【1学期中(3ケ月間)】学期中のお休み分を、ご出席日に①・②クラスの通し受講振替が可能です。ただし1クラス分は「見学振替」となり、主菓子のご用意がない場合もございます。

※なお学期をまたいでの振替は承っておりません。ご了承ください。

 

3.【茶道 表千家教室へ、お客様役としての特別振替】
上記1.2.いずれのご都合もつかず、かつ振替をご希望の方へは、下記の要領をお守りいただくお約束で特別振替の承りが可能です。
●1学期中1回まで

●振替先の講座は茶道 表千家教室 第1.3週 初級クラス」①18:00~19:30 または ②19:30~21:00

●お客様役としてご参加(状況により主菓子のご用意がない場合も有り)

●事前申請(例:○月○日分を、○月○日の18時クラスへ振替希望、とお申し付けください)。
日程は、表千家教室の講座ページでご確認ください)

●翌期への繰り越しは不可

 

お願い

レッスン中の撮影、録音、録画、携帯電話のご使用等はマナー上、ご遠慮願います。

ご注意事項

■お手荷物は自己管理をお願い致しております。特に当教室では、腕時計、指輪、ブレスレット、ネックレス等装飾品は全てはずしてお稽古していただきます。お間違え・紛失・破損に十分ご注意ください。万一の際、賠償責任は負いかねます。

■一度納入いただいた入会金・受講料等は全額返金できかねますことをご了承ください。

■1期ごとにお渡しする「受講証」は必ずご携帯をお願いいたします。

■日時、内容は変更する場合がございます。ご了承ください。

 

お稽古当日のしつらいから(2019.1~)

 

【2019.7.31】本日のテーマは夏の朝茶。木槿をいけて』。色紙「千里同風(せんりどうふう)」に、盛夏らしいガラスのお茶碗や風炉の柄杓、つくばいの形の香合(こうごう)。朝顔のデザインのお干菓子…。夏休み、おうちで朝のお茶タイムを愉しめそうですね~♪

 

【2019.7.10】本日のテーマは『星にねがいを。夕風を感じながら一服 』。「七夕」にちなんだロマンティックなご趣向を愉しみました♡ 塚本先生ご自宅の笹の葉飾り風や、かささぎが天の川に翼を広げて織り姫と彦星を渡したという百人一首の和歌(先生直筆!)、梶の葉のデザインの香合等。主菓子は練り切り製の「天の川」、お干菓子はうちわ、金魚でした♪

 

【2019.6.12】梅雨時の蛍が飛び交うイメージのお道具組み!主菓子は六月の和菓子『水無月』、お干菓子は『紫陽花、他』でした♪大変風情がありますね~

 

【2019.5.8】長い連休明けのお稽古!本日のしつらいは「端午の節供」の可愛らしい茶道具が揃いました!主菓子は『菖蒲の花』。爽やかな風が吹いてくるようなお稽古でした♪

 

【2019.4.10】本日のしつらい「のどかな春の野山で、煙草盆を添えてゆるりと薄茶を一服」といったイメージでしょうか!?主菓子の銘は『ひとひら』。川面に浮かぶ桜の花びらの意匠です。

 

【2019.3.13】本日のしつらい「雛祭り。上巳の節句を薄茶で祝う」。主菓子(銘「桃の花」)に鶯のお干菓子。

 

【2019.2.13】本日のしつらいと、主菓子(銘「梅」)にお干菓子。毎月、塚本宗香先生が季節の茶の湯の行事について楽しくお話しくださいます!

 

【2019.1.9】季節のしつらいは、新春を祝い丸盆にお目出度い “一富士二鷹三茄子” を飾り、塚本先生からお茶と季節の言葉についてのお話も伺いました。

「初なすび」と、上生菓子「松」をいただいたあと、先輩受講生様のお点前で薄茶を一服。
ご復帰がお二方もおみえになり、新しい方や常連様を含め、わきあいあい同窓会の様な楽しいお稽古になりました!

おすすめ関連講座~ごいっしょにいかがでしょうか!?