銀座で茶道のお稽古、はじめてみませんか!?~表千家・裏千家~

日本の総合伝統文化 "茶道"。

季節感にあふれ瑞々しく端正なお稽古を通して、あらゆる日本の美意識や、もてなしの心を知らず知らずのうちに身につけていただけます。誠実でやさしく温かい先生方のご指導は、若い女性の方たちから男性やお子様まで、長期間にわたり変わらぬご支持をいただいております。

 

まずはおいしいお抹茶と季節の和菓子をいただきながら茶席でのお客様の立ち居い振舞いからはじめ、おいしいお茶を点ててお出しする点前の稽古で美しい所作や、丁寧な動作・言葉遣い、臨機応変な判断力、お客様をもてなす際の心構えなどを体得していただけます。

 

さらには床の間の掛け軸の書画や茶花(ちゃばな)・茶道具の拝見等五感で審美眼を養い、日本人としての嗜みや豊かな教養を身につけ、奥ゆかしく素敵な女性(男性)になりましょう。

ご希望の方は進級クラスでさらに上級点前の腕を磨いていただけます。

 

エコール・プチピエ・銀座のお稽古

■講座名の上をクリックまたはタップして内容をご覧ください。

■煎茶道講座もございます。赤川菱澄(りょうちょう)の煎茶道と美しい和のマナー(小笠原流)

詳細は 講座名の上をタップしてご覧ください。

 

このような方へおすすめします♪

◆お勤め帰りに、美味しいお抹茶と和菓子をいただきながら和室での立ち居振る舞いを含め茶道を習いたい


◇おうちで抹茶をおいしく点てていただきたい。またお客様へお出ししてみたい

 

◇学生時代に習っていた茶道をもう一度お稽古したい

 

◇オフィスで抹茶を点ててお出しする接客機会がある

 

◇和の空間でやさしい先生方やお稽古仲間とのリアルな触れ合いにより癒されたい

 

◇大人の女性としてもう一度、恥をかかないよう礼儀作法を復習したい

 

◇お茶会や休日のお稽古等で、着物を着る機会を増やしたい

 

◇男女問わず婚活(お子さまはお受験)や、日本人として海外での活躍に生かしたい

 

◇京都や日本の歴史、文化、美術、建築、和菓子や書道、いけばな、伝統芸能が好き。

 関連として茶の湯の教養を深めたい

 

◇外国の方へ日本文化をお教えする機会がある

 

◇一生習える奥深い趣味を探している

 

◇厳しい指導や煩わしい上下関係は苦手。やさしい雰囲気のなかで本格的なお稽古がしたい

 

・・・様々な目的の方へ自信をもっておすすめする銀座の教室です。 

 

左から 2017年1月「裏千家教室 初釜茶会」、「表千家アンファン[お子様)のための茶道教室茶道モデルヌ教室 合同稽古始め(初釜)」

 

よくいただくご質問について

《お稽古について》

基本的にはマンツーマンではなくグループでのお稽古です。

■和室での立ち居振る舞い、美味しいお茶を点ててお出しする為の点前や所作、茶席でのお客様役の作法を習います。

 

■立居振舞いには、畳の上での正座や立ち座りの動作、すり足での歩行)も含みます。足腰に持病をお持ちの方はあらかじめご留意ください。

 正座は徐々に慣れて参りますが、どうしても難しいという方へは、洋室(テーブルとイス)で行う 茶道モデルヌ(モダン)教室(表千家流)もおすすめいたしております。

 

■服装はお洋服で結構ですが、正座の際、膝が隠れる位のスカート丈でお越しください。

お稽古当日が休日の方は、お着物でお見えになる方もいらっしゃいます。

 

■各自でご持参いただくお持ち物(お稽古用具、白いソックスまたは白足袋)や、ご注意事項がございます。各講座ページでご確認ください。

 

《受講生様層》

時間帯や土地柄、お勤め帰りや休日利用の女性(20歳代~60歳前後)の方がメインですが、ミセスの方、男性会社員の方もいらっしゃいます。都会的で明るく楽しい雰囲気です。

茶道裏千家教室 受講生I様
茶道裏千家教室 受講生I様

《男性の受講生》

今期は「裏千家」5名様(上級3名、初級2名)「表千家」1名様がご在籍中です。

居心地等が気になるようでしたら体験レッスンで雰囲気をお確かめの上、各先生へご相談ください。

《お免状

「表千家教室」「裏千家教室」「小笠原流煎茶道」は、お稽古の進度により各流派の許状取得が可能です(有料)。詳細はお稽古時に各先生へ直接ご相談ください。

 

《表千家と裏千家の違い》

安土桃山期の代表的な茶人千利休(せんのりきゅう)を先祖とする同じ血筋(利休の孫 宗旦の三人の息子たちが三千家に分かれた)で、お点前の流れに大きな差異はありませんが、所作の細かい部分や茶道具の好みの違いなどがあります。

いずれも代表的な流派ですので、どちらを習われても国内外で通用するお手本となる内容です。ご都合の良い曜日や時間帯でご選択ください。

 

《ご参考:各流派家元公式HP》 

表千家不審庵(家元):http://www.omotesenke.jp/

裏千家今日庵(家元):http://www.urasenke.or.jp/index2.html

 

《ご参考》  受講生の皆様から直接伺ったお稽古の「感想」

「海外留学をしていた時、日本の文化について何も伝えられず、これではいけないと思い、帰国後こちらで習い始めました。会社や家では感じられないお稽古の雰囲気にいつも癒されています。

また礼儀作法が知らぬ間に身につき、女子力アップを大いに実感しています」

 

「今日は仕事で疲れたからお稽古休もうかな…と思いながらもお優しい先生と美味しい和菓子が待っていてくれる!と通い続け、お稽古の後はとてもリフレッシュできるので良い習慣になっています」

 

「勤め先で上司から、今度、大切なお取引先へ抹茶を点てておもてなしをするとの指示があり焦って習い始めました。今では個人的に奥深い世界にすっかりハマッています!」

 

「ここは社会人の生徒さんがほとんどなので全く違和感がなく、先生のご指導もとても優しくわかりやすいお稽古なのですごく癒されます」

 

「最初は足の痺れがきつく、お点前を覚えるのに必死でしたが、今では少し余裕ができて茶道具をはじめ、和菓子や茶花、掛け軸の禅語など季節ごとの楽しみがわかるようになってきました」

 

「着物が好きなので、着る機会が多い茶道を習い始めて本当に良かったです」

「土曜日に着物を着てお稽古へ通うのが、ストレスの解消になっており生きがいです!」

「先生が、今の自分のレベルでも参加できる外部のお茶会情報をお教えてくださるので楽しみが増えました」

 

「銀座でお茶を習っていると思うと、気持ちが華やいで楽しくなります!」

「月に2度位は銀座へ来たくて、勤め先からも自宅からも離れていますがわざわざ通っています」

 

「以前通っていた稽古場とは違う雰囲気です。とてもお優しい、気配りあふれる先生のご指導が素晴らしく、お仲間も同世代の方が多く、ずっと続けていきたいです」

 

「最初は礼儀作法をきちんと習いたいと思い始めました。今では、茶道は “ The 和の文化”と感じています。日々の生活の中で、季節感やきめ細やかな作法、思いをこめていければ最高ですね」

 

「先生方の素敵なお着物姿や立ち居振る舞い、相手に恥をかかせないといったご配慮のある美しい言葉遣いと和みの会話…。全てが優雅でお勉強になります」

 

「やはりお茶を習っていると言うだけで周りから一目おかれ、年を重ねるごとに大人の女性として必要なお稽古であることを実感しています」

 

「和のお稽古をまとめて受講したい。」「どんな受講の組み合わせが理想的!?」そうお考えの方へ・・・ぜひ コチラをご参考になさってみてください。