《初心者向け:第 2・4週土曜日13:00クラス 新規ご入会・受講生募集中!》

茶道 裏千家教室

【速報!】2017.2.26 外部茶会『湯島天神 梅まつり 梅園内野点』開催!

満開の白梅、馥郁とした上品な香り…。好天に恵まれた日曜日、都内の梅の名所「湯島天神」梅園内にて岩室宗允先生が席主の野点茶会が開催されました。

第1・3週上級・木曜クラスの受講生様による流れるような茶箱(ちゃばこ)点前やお運びと、美しいお着物姿をスライドでご紹介! 野外でいただくお抹茶と菱餅の形をした上生菓子がとっても美味しゅうございました。

 

※2017年「初釜」、2016年秋の外部茶会ご報告画像は、当ページの下記にございます。ぜひご覧ください!

講座紹介

炉(ろ)の季節のお稽古
炉(ろ)の季節のお稽古

まったく初めての方でもお入りいただける茶道のお稽古。

お客様を招き、心をこめたもてなしができるようになるために、和室で一服のお茶を点てる作法・動作を通じて美しい和の立ち居振る舞いを身につけましょう。

日本の四季を感じることのできる床の間(お軸や茶花)や、美味しく美しい季節の和菓子もお楽しみに!

 

初めての方の為の入門(割稽古、立ち居振る舞い、基本の所作、盆点前、客の心得)、薄茶点前(風炉・炉)、濃茶点前(風炉・炉)、さらに上級者までやさしい先生方によるレベルに応じたきめ細かく丁寧なお稽古が好評です。和室の空間に癒されながらお稽古をはじめてみませんか!?

 

まったく初めての方は《第2・4週土曜日13:00~14:20「初心者クラス」》をご受講ください。

 

【よくいただくご質問】

《お稽古について》■美味しいお茶を点ててお出しする点前や所作と、茶席でのお客様役の作法を習います。基本的にはマンツーマンではなくグループでのお稽古です。教室へ到着された方から順に見ていただけます。和室での立居振舞い(正座や立ち座りの動作、すり足での歩行)も含みます。

正座は徐々に慣れて参りますが、足腰に持病のある方はあらかじめご留意ください。 

 

《男性の受講生》現在6名様(上級3名、初級2名)ご在籍中です。

居心地等が気になるようでしたら体験レッスンやご見学で雰囲気をお確かめの上、先生へご相談ください。

 

《お免状》初級クラス「入門・小習・茶箱」(有料)。上級者クラスは特別稽古へのご参加により、さらに上のお免状取得も可能です。詳細は先生へ直接ご相談ください。  

 

《裏千家と表千家の違いについて》安土桃山時代を代表する茶人千利休(せんのりきゅう)を先祖とする同じ血すじで、お点前の流れに大きな差異はありませんが、所作の細かい部分や茶道具の好みの違いなどがあります。いずれも代表的な流派ですので、どちらを習われても国内外で通用するお手本となる内容です。

 

【2016年秋冬「炉(ろ)」のお稽古風景】銀杏の色とデザインのお干菓子、渋い黒のお茶碗とともに。

今週の床の間より(2017.4.6~)…お軸「柳緑花紅(やなぎはみどりはなはくれない)」

本日の和菓子より

左から)4月「青葉きんとん」「水辺」3月「菜の花きんとん」2月「菱餅」1月「花びら餅」 ※清月堂銀座本店製

 

4月期入会・受講へ向けた体験レッスンのご案内 《レギュラー受講希望の方が対象です》

お楽しみ!季節の和菓子♪
お楽しみ!季節の和菓子♪

「一度お稽古を体験してから入会を決めたい」という方のために体験レッスンをご用意いたしました。実際のお稽古で雰囲気をお確かめいただくために、お気軽にご参加ください。

 《日程》(土)4/29②5/13③5/27. 13:00~14:20

※各回定員3名様

※締め切り:同週の水曜日 18:00までにお申込みください。

 

《内容》お客様として受講生の方のお稽古を拝見しながら、基本の立ち居振る舞いや茶菓のいただき方を学びます。

 

《体験レッスン料》税込2,052円(水屋料=茶菓、消耗品代込)

 

《お持ち物》足袋代わりに白いソックス

 

※お申込み:「講座名、日時」をお申し付けの上、email: ecole@email.plala.or.jp 

またはTEL 03-6228-7809までお気軽にお問い合わせください。詳細をご案内申し上げます。ぜひお待ちしております!

 

※レッスン日直前の場合はご相談ください(なお直前予約・当日お手続きの場合、欠席キャンセルされても授業準備の都合上受講料、教材代は頂戴いたします。あらかじめご了承のうえお申し込みください)。

 

※事前のお手続きの場合も一度ご入金いただきますとキャンセル・欠席の場合、全額返金できかねます。あらかじめご了承のうえお申し込みください。

 

講師

いつも穏やかでおやさしい岩室宗允先生(左)
いつも穏やかでおやさしい岩室宗允先生(左)

《講師》松友会 岩室 宗允 ほか

《裏千家茶道の詳しい内容:裏千家今日庵公式HP》http://www.urasenke.or.jp/index2.html

 

 【TV放映情報】NHK Eテレ『趣味どきっ!』「茶道 裏千家 茶の湯を楽しむ(2016.8/1-9/19 毎週月曜日PM9:30-9:55)」放送。

2017年4月期「入門・初級クラス」日程~第2・4週土曜日午後クラス新規受付中

《日時》【入門・初級クラス】第2・4週 

<第2・4週木曜日>①18:00~19:30②19:30~21:00 .

4/13,4/27, 5/11,5/25, 6/8,6/22

※到着された方から順にお稽古して参りますので、遅れていらしてもご安心ください(最終21時終了)。

※第1・3週上級クラスへのご進級年数は先生のご判断となります。

 

<第2・4週土曜日> ①(継続クラス)10:40~12:40 ②(新規入門クラス)13:00~14:20

4/15(第3週),4/29(第5週), 5/13,27, 6/10,24

 ※第1・3週上級クラスへのご進級年数は先生のご判断となります。

 

《空席状況》土曜日②クラスのみございます。途中入会はご在籍状況によります。お問い合わせください。

 

2017年4月期「上級クラス」~ご経験者のみ。第1・3週金曜日13時半クラスのみ募集中~

《日時》【上級クラス】第1・3週

<第1・3週木曜日>①18:00~19:30②19:30~21:00. 

4/6,20, 5/18, 6/1,15,29

 

<第1・3週金曜日>①13:30~15:30②18:00~19:30③19:30~21:00  

4/7,21, 5/19, 6/2,16,30

 

<第1・3週土曜日>①10:40~12:40②13:00~15:00③15:20~17:20

4/8(第2週),22(第4週), 5/20, 6/3,17,7/1

 

《空席状況》第1・3週金曜13:30~15:30クラスのみ。

(第1・3週は経験者の方のみ募集。ご希望の方は見学後、講師へご相談ください)

 

納入金額・入会受講方法

【納入金額】 (4月期)

 1.受講料 3ケ月「入門・初級クラス」6回 税込16,200円 /「上級クラス」6回 税込17,496円

 2.水屋料 3ケ月 全クラス6回分 税込5,832円

 3.ビル管理共益費  全クラス共通 税込540円

 4.初心者新規入会の方は別途入会金(有効期限無期限)税込5,400円を承ります。

《御新規の方の合計事前納入金額》入門・初級クラス 税込27,972円

 

※各自お稽古用具:袱紗(ふくさ)、お茶席用扇子、菓子切り楊枝、懐紙(かいし)、袱紗ばさみ。

受付でのセット価格税込5,500円。下記にサンプル写真がございます)をご用意願います。

 

またお稽古が進みますと「茶道用お稽古着」が必要となります。講師から指示がありましたら別途ご用意ください(受付販売価格 税込4,400円)。

 

【入会・受講方法】

  入会と受講のご案内」をご高覧、内容をご確認のうえお問い合わせください。

  email: ecole@email.plala.or.jp またはお電話 03-6228-7809 (平日12時~20時、土日11時~18時。定休時間帯:毎週火曜日13:30~16:30. 祝祭日定休)  

 

お持ち物

左上より時計まわりに)袱紗(ふくさ)裏千家流:朱色(男性用は紫色)、茶席用扇子、懐紙(男性用はこちらより大きなサイズになります)と菓子切りようじ、袱紗ばさみ
左上より時計まわりに)袱紗(ふくさ)裏千家流:朱色(男性用は紫色)、茶席用扇子、懐紙(男性用はこちらより大きなサイズになります)と菓子切りようじ、袱紗ばさみ

1.各自のお稽古用具

袱紗(ふくさ)、お茶席用扇子、菓子切り楊枝、懐紙、袱紗ばさみ

※左の写真をご参照ください。受付販売セット価格 税込5,500円(女性用のみ)。

 

※なお入会・受講生以外への一般販売は行っておりません。ご了承ください。

 

※男性用は色やサイズ等が異なります。左の画像をご参考に百貨店等の茶道具売場、またはインターネット通信販売等でお求め願います。

 

※「茶道用お稽古着」お稽古が進み講師から指示がありましたら、ご用意願います(受付販売価格 税込4,400円)。

 

2.お洋服の方は足袋代わりに「白いソックス」

 

※ご参考:講師推薦図書『裏千家茶道 点前教則1 入門(淡交社)』

 

振替制度

●1学期中(3ケ月間)原則2回まで同レベルクラス・同じ週でのお振替が可能です。異なる週への振替はお菓子のご用意がございませんのであらかじめ ご了承ください。(第1・3週上級クラス:異なる週への振替は不可)

 ●学期ごとのご在籍人数によっては変更になる場合もございます。先生または受付までご確認ください。

 ●学期をまたいでの振替は承っておりません。ご了承ください。

 

お願い

お稽古中の撮影、録音、録画、携帯電話のご使用等はマナー上、ご遠慮願います。

ご注意事項

■お手荷物は自己管理をお願い致しております。特に茶道教室ではお履物を脱いで、腕時計、指輪、ブレスレット、ネックレス等装飾品は全てはずしてお稽古していただきます。  お間違え・紛失・破損に十分ご注意ください。 万一の際、賠償責任は負いかねます。

■一度納入いただいた入会金・受講料等は全額返金できかねますことをご了承ください。

■1期ごとにお渡しする「受講証」は必ずご携帯をお願いいたします。

■日時、内容は変更する場合がございます。ご了承ください。

【ご報告】2017.1.6~7 お稽古はじめの『初釜(はつがま)』を開催!

濃茶席》茶席への席入り、お軸の見方からはじめ、裏千家流の初釜の和菓子「花びら餅」をいただいたあと、岩室宗允先生が点ててくださった濃茶を回し飲みし、先生からお酒を一献いただきました。
1月7日は、男性の受講生お二方が偶然、同じ回の席になり、お正客、お次客の作法を勉強されました。

《薄茶席》続いて広間へ移り、お干菓子と先生方のお点前で薄茶をいただき、お棗とお茶杓の拝見の仕方をお勉強。最後にもう一度、お軸や香合、茶花、お釜や棚を拝見し、岩室先生が今日の為にご用意くださったお目出度いお道具組みを目に焼き付けました。

 

このあと和やかに点心席を楽しみ、厳か、かつ華やかな今年の初釜が無事終わりました。

お稽古をはじめてみたい方!来年の初釜デビューを目標になさいませんか!?

【外部茶会開催】2016.10.30 「目黒区役所内茶室 勉強茶会」

昭和の名建築家 村野藤吾の代表作として有名な目黒区総合庁舎(旧 生命保険会社本社ビル)。

この、ビルの中とは思えない趣のある和室「しいの間」で、岩室宗允先生のお茶会が開催されました。
僭越ながら先生から正客を拝命、特等席で第1・3週上級 土曜日クラスの受講生様によるお点前と、お茶碗をはじめ典雅な秋の風情あふれるお道具を拝見。

大変美味しい一服と小石川 一幸庵さんの和菓子も素晴らしく、時を忘れるひとときでした。

 

おすすめ関連講座~ご一緒にいかがですか!?