銀座いけなば池坊教室  アーカイブお稽古花作品(2020年)

 

※こちら以前の作品は アーカイブページ1(2016~2017) アーカイブページ2(2018年) アーカイブページ(2019年) にございます。ぜひご高覧ください!

 

 【2020年12月28日 お正月花特別稽古(ご希望の方 対象) 】 画像をタップすると大きなサイズでご覧いただけます!

🎍受講生様コメント🎍 画像作品 左から:
◆S様「本日の作品のように(来年は)華やかで明るい1年にしたいです。」


◇N.Y様「一年間、今年も素敵な花材での生け花を経験させていただき、ありがとうございました。明年も宜しくお願いいたします!」


◆Ya様(いけばな男子!)「今年から始めました。毎回色々と試行しています。楽しいので、ずっと続けたいと思っています。」

 

 

🎍受講生様コメント🎍 画像作品 左から:

◆T様「今年は家で過ごす日が多かったため、身の回りの片付けや思考の整理ができました。『整理する事で、自分の求めているものに気付く』ことを知りました。今後の作品にいかせたら嬉しいです。」


◇F様「月2回の稽古が、仕事の息抜きになっています。コロナで大変な時期でしたが、先生やスタッフの皆さんには大変お世話になりました。来年は出席率を上げて、レベルアップしたいです!」


◆Yo様「花をいける楽しさを、これほど強く感じた1年は初めてだったかもしれません。出会う花材を通して自然と触れ合う嬉しさを感じ、どうやっていけるか集中して考えることで、外出自粛中のゆううつな気分を忘れることができました。
久しぶりにお正月花のお稽古に参加し、素敵な花材に出会えました。年末年始は、このお花を眺めて穏やかな気持ちで過ごし、新たな1年に向け、気持ちをあらためていきたいと思います。」


◇N.E様「今年も大変お世話になりました。この1年は、お花を活ける楽しさ、教室へ来て先生に教えていただける有難さ、短い時間ですが、生徒の皆様と共有できる時間の大切さを改めて実感した1年でした。来年はもっと笑顔のあふれる楽しい1年となりますように。お稽古も引き続き精進してまいります。来年もよろしくお願い致します。」

 

 

【12月25日 本日のメイン花:アオモジ 】 画像をタップすると大きなサイズでご覧いただけます!

 

【12月16日 本日のメイン花:思い思いのクリスマス】 画像をタップすると大きなサイズでご覧いただけます!

《鏑木先生の講評》「思い思いのクリスマス」

毎年この時期に届くお楽しみ!“いけばなのクリスマス花材(白木、クジャクヒバ、カーネーション赤、カスミ草)”ですが、今年は、皆さんの作品からいつもより、華やかさや大らかさを感じました。

コロナ禍でなかなか盛り上がれないご時世の中、“願望”が表れているのかもしれませんね?クリスマスについて思い描いている皆さんそれぞれのイメージを、作品から大いに受けとめました。

次回は本年最終のお稽古、そして12/28はご希望の方が対象のお正月花稽古です!頑張りましょう!
※2セット目の花材:ニューサイラン、ガーベラ、ソリダスター、ゴットセフィアナ

 

★いけばな男子Y様の“今週のつぶやき” 「to the skywalker…私、赤鼻のトナカイになれますか!?」

 

 

【11月27日 本日のメイン花:ピンポン菊、赤芽柳、ユーカリ】

 

【11月18日 本日のメイン花:赤ヅル】

鏑木先生の講評《赤ヅルを楽しむ》
ツルを持って「どういけようか?」と向き合い、考えている皆さんの後ろ姿が素敵です!

同じツルなのにみんな違う。みんな個性的。
私が何も言わなくても、皆さん、まずは花器へツルから入れはじめました。
そして、ツルから発想して、頭に浮かんだことをいけていましたが、“赤ヅルを楽しんでいる”ことが手に取るように伝わってきました!
皆さんの成長の証ですね。●他の花材:カーネーション、千日紅、モンステラ


※2セット目の花材:キイチゴ、スカシ、ヤリケイトウ

 

★久しぶり!プチピエいけばな男子Y様の“今日のつぶやき”は「上品にいけたかったのですが、グリード(欲深い)になってしまいました。清涼感がないです」…だそうです。

 

 

【10月30日 本日のメイン花: ボケ、リンドウ、ヤリケイトウ】

 

【10月21日 本日のメイン花:風船唐綿(フウセントウワタ) 】

《鏑木先生の講評》「不思議な風船唐綿の魅力を生かして…」


とても印象的なフウセントウワタという植物。中に入っている白い実がまた綺麗なんです!
今日はこちらをメインに、秋色のモダンで上品なイメージでいけてもらいました。ヤリケイトウが真っ赤なケイトウと違っておしゃれですね!

(ほかドラセナ、クジャクソウ)


2セット目をご希望の方の花材は、ドラゴン柳の奔放な枝ぶりと、立派な白い糸菊の対比を自由に、大胆にいけてもらいました。(ほかブバリア、アサヒハラン)

うちの生徒さんは、本当にいい方たちばかり…。その真っすぐで前向きなお人柄が作品にもよく表れています。今学期もお稽古頑張りましょうね。

 

 

【9月25日 本日のメイン花:リコリス・ピンクッション 】

紅アオイ、ロシアンオリーブとともに初秋でまだ夏の日差しも少し感じる作品をご覧いただけます。

 

【9月16日 本日のメイン花:秋草】今回は、いけたご本人のコメント付きでご紹介!画像をタップすると大きなサイズでご覧いただけます。

◆各行左から:O様「秋風立ちぬ~初秋の野草の群れに一瞬、風がさっと吹いた様子」、Y様「土とて。。。(植物は土から生まれる)」、N様「一瞬の秋」、SA様「今年は違う!! ~自分も含め皆さんの作品に成長を感じます」

 

◇各行左から:F様「1年の中で1番好きな季節が秋なのでそれを表現しました。」、M様「交響曲 “秋” 」、T様「湿気が残る気候の中、秋風を感じられるような作品にしました。」、SN様「月明り」

《鏑木先生の講評》「秋草の秋」

この季節の贅沢なお楽しみ花材 “秋草”。

ほとんどの方が毎年いけてくださっていますが、今年の作品は何かが違うのです!
きっとコロナ禍で何ケ月間も不自由な生活を余儀なくされた中で、お花とのより良い向き合い方を見い出されたのではないでしょうか!?

外へ出られない毎日でも、気持ちを明るくしてくれるお花がある!そしてお稽古が再開すれば、またお花をいけることができる!!そんな皆さんの想いや拠り所、心の成長が見て取れるような “大人の秋草” でした。

 

そこで今回は特別に、本日ご出席の方から作品へのコメントや、つぶやきを書いてもらいましたので、画像と併せてそれぞれが何を感じながらいけたのかを、ぜひご覧になってください!

 

※2セット目の花材:ニューサイラン、バラ、姫ヒマワリ

 

 

【8月28日 本日のメイン花:晩夏と初秋 カーネーション、スターチス、フトイ、柳巻 】

 

【8月19日 本日のメイン花:秋の気配のパンパスと可愛いサンタンカ】

《鏑木先生の講評》「パンパスの季節!」

今年も早、パンパスをいける日がやってきました!
一つの花材で何通りもの見せ方ができる面白い植物です。

そこへ、とってもかわいらしい赤い色のサンタンカをはじめ、紅葉前のヒペリカム、ソリダコの取り合わせの妙を、楽しんでもらいました。
厳しい残暑が続きますが、もう秋の気配を楽しめるのがいけばなの良さですね!皆さん、お稽古中やこちらの画像で他の方がいけた作品をご覧になりながら、銀座のスクールらしいおしゃれなセンスが益々身についてきています。身体に気をつけて来週もお稽古しましょうね。

 

★恒例(!?)プチピエのいけばな男子・Y様の今日のマイテーマは「(男性受講生の先輩M様のような)気品のある作品をいけられるようになりたーい」…だそうです。

 

※2セット目の花材:サンゴミズキ、ユキヤナギ、リンドウ

  

 

【7月31日 本日のメイン花:クルクマ・ガマ・姫ひまわり等】

 

【7月15日 本日のメイン花:シマススキvsソケイ】

《鏑木先生の講評》「シマススキvsソケイ」

7月期が無事スタート致しました。嬉しいことに復帰してくださった方が3名も!まだまだ不安定な毎日ですが、ここは本当に有難いですね。

今日は、コロナ禍と鬱陶しい梅雨を忘れさせてくれるような緑とリンドウ、カワラナデシコがいっぱい届きました。

そこで 見事な“シマススキ”が入っていた方は、ススキが風にそよぐような自然な爽やかさを・・・

 “おしゃれなソケイ”が入っていた方は、華やかな曲線を生かして・・・

 それぞれを最大限に生かしたいけ方で、おおらかな作品となり、久しぶりにお稽古花との触れ合いを楽しみました!

 

★プチピエのいけばな男子・Y様の今日のマイテーマは「うまくなりてー(実は休講中、花器を手に入れて自主練してました^^)」…だそうです。

 

※2セット目の花材:グラジオラス、アレカヤシ、spバラ

 

 

【6月26日 本日のメイン花:ウィキョウ、ケイトウ、ガーベラ他】

 

【6月17日 本日のメイン花:ヒマワリとギガンジューム】

《鏑木先生の講評》「ヒマワリとギガンジューム」
3ケ月ぶりのお稽古でしょうか?
長い休講のブランクがありましたが、今日は皆さん、お花を見て素早い判断で迷いなく夢中でいけられ、「ああ!これは大丈夫!」と、ほっと安堵いたしました。大変な毎日の中、きっといい意味でお花に “飢えて” いらしたのではないでしょうか!?


池坊の流派としての花はもちろんですが、最終的には「〇〇さんの花」と言える作品をいけてほしいと願っています。これからも、皆さんで楽しく頑張りましょう!!

 

 

 

【3月18日 本日のメイン花:立派過ぎるクロメヤナギ】

 

《鏑木先生のご講評》「立派過ぎるクロメヤナギ」

誰にも先が見えない初めて経験する毎日、皆さん、よくぞお疲れの中、お稽古に来てくださいました。

 

Sさんなど、お花を見たとたん「わぁーー」とこの瞬間を待っていたとばかりに歓声を上げらました。きっとストレスを抱えていらしたのでしょうね。こういう時間が、今、どんなに大事かがわかる思いです。

 

今日は全ての花材の質がよく、特にクロメヤナギが枝を含めてすごくいいもので使わせてもらえるのは有難いでことです。アレカヤシ、黄色いチューリップとの取り合わせでモダンな大人の雰囲気でいけてもらいました。

皆さんのご近所の花屋さんでは出会うことができない、「いいものを見る」「いいものを知る」目を養い、お稽古では型よりも花を大事に扱えるようになりましょうね。

★プチピエのいけばな男子・Y様の今日のマイテーマは「あなたは疲れています」…だそうです。

※2セット目の花材:キイチゴ、ガーベラ、スターチス、モンステラ

 

【2月19日 本日のメイン花:桃の花のやさしさを…】

 

《鏑木先生のご講評》「桃の花のやさしさを…」

🎎もうすぐひな祭り!女の子のお節句にふさわしいピンク色の桃の花のやさしさを感じさせる作品になるよう、いけてもらいました。

 

🎎本来は桃だけで充分なところを、ラナンキュラスのイエロー、そして麦のグリーンで、よりピンク色が生かされますね!

🎎特に今日の花材は花付きがよくて、色がきれいですので、大きくてふっくらとした種類の麦との取り合わせで、皆さんおしゃれ感がぐっと出ていました。

🎎花屋さんがセットして持ってきてくれる花材は、個人では揃えることが難しいものばかり。
どんな組み合わせにしてくださっているか、毎回よく覚えておいてお勉強しましょうね。

“プチピエいけばな男子”のお二方も頑張っていらっしゃいます!!(今日のY様のテーマは「切なさをいける」だとか)

 

※2セット目の花材:レンギョウ、オフラレルカ、アネモネ、ブルースター

 

 

【1月24日 本日のメイン花:木蓮、タニワタリ】

《鏑木先生のご講評》「木蓮×タニワタリ」

しなやかでしっかりした枝に、膨らみかけた柔らかい蕾を持つ木蓮、葉の緑のみで力強くも主張できるタニワタリを生かしながら、挿し色になる鮮やかなローズとスプレーカーネーションを使いました。

花材の組合せで今回は、かなり皆様の個性を感じられる作品になったと思います!

背景もそれぞれ。どうご自分が主張するか?個性を感じさせるようにいけてもらいました。

 

【1月15日 本日のメイン花:赤目柳】

《鏑木先生のご講評》「赤目柳×雪柳」

2020年最初のお稽古花として、大きくて立派な赤目柳が届きましたので、芽のふくらみを剥いて白い部分を出して生かしながら、雪柳と一緒に早春の香りをいけてもらいました。(ほかアイリス)

 

いけやすい花材でしたので、皆さん、新しい年、そして新しい教室で、いつも以上に明るく伸びやかにいけられましたね。

移転先のお部屋も「明るく新しくなって居心地がいいです!」「イエロー系で統一されているのでシトロン(教室名)なのですね♪」と早くも気に入ってくださっている様子です!

 

そして、今日からお二方目の男性受講生Y様が入会されました!ご一緒に楽しくお稽古して参りましょうね。よろしくお願い致します。

 

 

12月28日:お正月花(ご希望の方)【ポイント花:大王松、南天、葉牡丹等を使い新年を穏やかに迎えられるお正月花】

左上:S様作品 若松、枝垂れ柳、オンシジウム等で大きく豪華な作品です。 右上・中段左、Y様:大王松、南天、オンシジウム等で高さを抑え横に広がるシックで落ち着いた作品です。中段右・左下、T様:ピンポンマム、枝垂れ柳、極楽鳥等:柔らかく流れるような優しい作品です。 下段右、N様:大王松、南天、蝋梅、金塗柳で高さを出し力強く美しく仕上がりました。床の間に飾られるそうです。

 

※2019年の作品は こちら 2018年の作品は こちら ※2016年~2017年の作品は こちら の アーカイブページ にございます。ぜひご覧ください!

 

おすすめ関連講座~ご一緒にいかがですか!?

茶道教室 小笠原流惣領家煎茶道 ボタニカルアート(植物画) 観世流能楽師 浅見慈一と学ぶ お謡・お仕舞事始 →室町時代から続く“茶・花・能”を体感! 香道 御家流 書道教室

◇和のお稽古ご受講事例は、ぜひ コチラ をご参照ください!