銀座いけなば池坊教室 (水曜夜間クラス)

お稽古作品アーカイブページ2 2018年1月~12月

※2016年~2017年の作品は こちら の アーカイブページ1 にございます。

 

12月28日【お正月花稽古(ご希望の方のみ)】画像左からS様、F様の作品

 

12月19日【ポイント花:アイリスとボケ】

《鏑木先生より:アイリスとボケ》
年末に今年初めてのアイリスが届きましたので、まだ小さくてかわいらしいボケの花と合せて、早くも“春のイメージ”でいけてもらいました!

 

ボケはもう少しするとゴツイ感じのお花になりますが、今日のものはとっても愛らしいですね。
みなさんもとても素敵で素直な、今年の“いけ納め”ができました。

来週はご希望の方のお正月花の特別授業です。お楽しみに!!

 

12月5日【ポイント花:モミノ木】

《鏑木先生より:モミノ木》

この季節がやってきました♪
本日のテーマは “しっかりクリスマス!!”です。
皆さんそれぞれのクリスマスを思い描きながら、いけばなでクリスマスをHOTに表現してもらいました。
もみの木、そして白木と赤の3色で、見事にいけることができました!赤いお花を取り替えて24日まで十分楽しみましょうね!

 

 

 

11月21日【ポイント花:ドラゴンヤナギ】

《鏑木先生よりドラゴンヤナギ》
雲竜ヤナギともいい、竜が雲に乗って昇天する様な姿が特徴です。

*この線のおもしろさをいかすこと

*各自選んだ花器に合せたヤナギの使い方(いけかた)

以上を中心にお勉強しました。

皆さん、本当に見事なくらい違う雰囲気の作品になりました!
特にOさん、Sさんは今年一番のできでしたね!!

 

今日は体調不良でお休みの方が多く、少しさみしかったですが、来月はクリスマス花やお正月花とお楽しみが待っています!皆さんで頑張りましょう☆★

 

11月7日【ポイント花:紅葉のヒペリカム】

鏑木先生より《紅葉のヒペリカム》

10月17日のお稽古花よりもっと赤く色づいた見事なヒペリカムが届きました!この枝ぶりを生かして自然の景色を、健やかに、美しくいけてもらいました。

黄色いピンポンマムは、3本なら存在感を出すことができますが今日は2本なので、少々頼りない感じですが薄いピンク色のシレネを添わせることで、バランスよく作品としてまとまりましたね。


同じ花材セットでも全員違う作品に仕上がるのが当教室の特徴です。
今日もお互いの作品を鑑賞し合いながら、“銀座で紅葉狩り”を楽しみました!!

 

 10月17日【ポイント花:赤ヅル】

《鏑木先生より赤ヅル》

「きれいな赤ヅルをどう扱うか!?」
今日は皆さん、大分悩まれ苦労していましたね。

その分、出来上がった作品はとてもおおらかで美しいラインを活かした素敵なものになりました!


今までだったら、ツルがちまちましてしまったかもしれませんが、お力がついてきた今は、どなたも伸び伸びと、かつ作品として見ごたえがありましたよ!
特にIさん!さすがのキャリアで、赤ヅルが「私を見て~~」と言っているような迫力がありました。
昨年からのSさんは、リズム感がでてきましたね♪

 

皆さん、お仕事で疲れた後、お稽古に来てくださっているので、お帰りにはどうか爽快な気分になってほしいと願っています!!

 

 

10月3日【ポイント花:紅葉のヒペリカム】

《鏑木先生より紅葉ヒペリカム》
7月18日のお稽古で青々としたヒペリカムをいけてもらいましたが、あれから3ケ月後、もうこんなに紅葉したものが届きました。
今週始めの、あの酷い風の台風もなんのその!お花屋さんはさすがプロですね~


葉があるもの(ヒペリカム)、葉がないもの(アカメヤナギ)、そして草もの(りんどう)と、三種の基本型で秋の風情を感じる作品に仕上げました。

ヒペリカムは、ここまで紅葉していると、花を持たせるというよりは(風に気をつけながら)今の、この色や風情をいかして楽しみましょう。

基本型でも皆さんのご性格やキャリアを踏まえ、個性を大切にするのが当講座の特徴です。
今日はじめて「お生花」に挑戦したOさん、お見事でしたよ!

お休みが多く残念でしたが、いらした方はお教室で生のお花と触れ合い大いにリフレッシュできましたね。今の時代、とっても贅沢な時間かもしれません。

 

9月5日【ポイント花:秋草】

《鏑木先生より秋草》
今年も年に一度、この季節のお楽しみ花材が届きました!!秋風が吹いているような季節や自然を感じられる自由型でいけてもらいました。

草花がこれだけ交じり合うと、やさしい秋の気配を思い切り感じることができますね!
◎ワレモコウのルビーの輝き ◎オミナエシの黄色 ◎ススキ
 これだけで十分ですが、これにどんな花でもいいのでプラスすればさらにイキイキとしてきます。
今日は今学期最終でした。来月も皆さんで楽しくお稽古しましょうね!

 

8月29日【ポイント花:パンパス】

鏑木先生より《パンパス》
これまでのお稽古史上、最高に立派なパンパスが届きました!!

茎を剥くところからやってもらいましたが、下のほうから成熟したグラス(穂)があふれんばかりに入っていましたので、高く、あるいは低く…各自のお好みでキラキラ輝く姿を思いっきりいけてもらえました。

 

SNSでご自分のお稽古作品を発信している方や、離れて暮らすご親族へ画像をお送りしている生徒様も!益々お稽古の楽しみ方が多様になってきましたね。

 

 

8月1日【ポイント花:ニューサイラン】

鏑木先生より《ニューサイラン》
デンファレ、ゴットセフィアナ、カスミソウの三点セットでも十分ですが、プラスでニューサイランまで届きましたので、今日はこちらをメインに「夏らしい、美しい線を表現」してもらいました。

 

うちの生徒さんたちの特長ですが、とにかくいけている時は、周りを気にせず一心に花と向き合い集中しています。きっと会社でお仕事も出来る方たちですね。
後ろ姿が “華道家” そのものに見えました!


そこで今日はいつもよりも自主性を重んじて、あまり私が手を加えることはせず、汗をかきながらお稽古に来てくださったHOTな気持ちを大切に見守りました。

上手くいけられたと思っても、また次の課題が見えてきますね。終わりがない、奥が深いいけばなと、貪欲に向き合っていきましょうね!

 

 

7月18日【ポイント花:ヒペリカム】

鏑木先生より《ヒペリカム》
赤い実がとっても可愛らしいですね!秋に紅葉する葉が重用されますが、今日はとても質の良い実がごっそりと届きました。

花展では “風、音、光” の三点が、花を活かす重要な演出になります。
お稽古では音は無理でも、かすかに揺れる風や、照明の光を活かして作品をより素晴らしく見せたいですね!

ただ「いけて終わり」だけでは、もったいない…。

せっかくですから、どこに置きたいか?今日の花材をどんな風に活かしたいか?…を、最初からおひとりで具体的にイメージしてみましょう!お稽古がグンと楽しくなりますよ!!

幸い、こちらは花屋さんのお陰でいつも花材を良い状態で届けてもらえるので、皆さんは花材の苦労をしたことがほとんどないかと思いますが、本当は大変有難いことなのです。
どんな状況でも臨機応変にいけられるのが、池坊自由花の良さですので、ぜひ主体的に取り組んでいってくださいね!

 

お仕事がお忙しくてお花の引き取りが続いていたFさん、今日はブランクを感じさせない見事な作品がいけられましたね‼️来月も皆さんで暑さに負けず、お稽古を楽しみましょうね。

 

7月4日【ポイント花:それぞれのメインにドラセナを沿わせて…】

鏑木先生より《各自のメイン花にドラセナを…》
本日はヒマワリやスプレーバラ、ルリタマといったかわいらしいお花に、緑のドラセナをどう沿わせて作品に仕上げるか?

それぞれの感性&個性でいけてもらいました!
当講座は花器も花材の一部という考え方から「花器選び」よりお稽古が始まっています。

お仕事帰りに、教室へ着いて一息したら、今日の気分でまず花器を選んでもらいます。そして花包みを開いて、花器の縁へ花たちをどう沿わせて活かすか!?

楽しみながら、考えながら、今日しかできない作品に仕上がるよういけてもらっています。
まさに“生け花”ですね!

初めての花器にチャレンジしたNさん、いつもとは違う表情が出せましたね。

わりと縦長の作品が多かった、もうひとりのNさん。今日は花材を低くいけて新境地を見いだせましたね。

皆さん、もうひとりのご自分の“個“まで、出せるようになってきました。
7月期もこの調子で力をつけていきましょうね!!

 

6月20日【ポイント花:ガマ】

鏑木先生より《ガマ》
今日のメインは涼しげなガマにしました。
画像 Nさんの作品のように「お生花」ではまっすぐに立てていけ、床の間に置いて正座をして拝見するのが正式ですが、「自由花」では様々なデザインを楽しんでもらいました。
現代の居住空間の中で、おうちのどのスペースに作品を置くかを念頭にいけることも大切です。
アレカヤシもとっても夏らしいイメージですね!
葉っぱの裏表をよく見て、自然に流れるように少し手を加えることで作品として、ぐっと“大きく”なります。

皆さん、本当にお力がついてきました。4月期最終日に、こんなに大胆で素敵な作品がいけられるようになり、大変嬉しいです。

来学期は夏場ですが、いけばなとしての楽しみ方がありますので、全員で頑張りましょうね!!

  

6月6日【ポイント花:カンゾウ(またはギガンジウム)】

鏑木先生より《カンゾウ(またはギガンジウム)》
梅雨入り!5月下旬から6月はじめのごく短い期間に、わずか1日だけ花開く、綺麗な色のカンゾウが届きました。根は漢方薬としても使われ、ニッコウキスゲに色や形が似ていますね。

お生花や立花といった古典的ないけばなに使われることが多く、花材としてはなかなかお目に掛れない大変珍しいものです。
よく見るとショウブのような和合の外側に、花が咲く茎があります。面白いですね!

食材と同じで、お花選びには鮮度が非常に大切です。
特に池坊は「今」よりも「未来」…これからどのように咲くかを見極めながらいける流派ですので、クシュッと萎れないように気を配っていけましょう。


今日は、カンゾウをメインに ●自然の姿をいける ●ギガンジウムで高低差の変化をつける ●ニューサイランで根元を〆る ・・・以上をポイントに、すっきり爽やかにいけてもらいました。

そして、お忙しい中をギリギリに駆けつけて2杯稽古を頑張ってくださったNさん、遅くまでお疲れ様でした。ありがとう!

 

5月16日【ポイント花:サンキライ】

鏑木先生より《サンキライ》
今日は見た瞬間から華やかなお稽古花セットが、前回お休みの振替花材分も併せて届きました。特にサンキライの青い実、枝ぶり、葉の面を活かすことがポイントです。

いけばなの主役は“お花”です。

 

私たちは、どう美しく見せてあげられるか!?
自然に伸びやかにいけてあげられるかが一番重要です。下を向いてしょんぼり咲いていたらかわいそうでしょう…。不自然な姿で無理にいけたら気の毒ですよね…。


いけながらお花の声を聞いてあげれば、自ずと“一番素晴らしい姿”にいけてあげることができるはずです。
今日は皆さん、ノリ良くお力を発揮して美しくいけてくれましたね!

 

5月2日【ポイント花:フトイの線とレモンリーフの面】

鏑木先生より《フトイの線とレモンリーフの面》
この二つの出会いの中に、バラとチーフを配置し、個性を出すことを目標にしてもらいました。
今日はGW中で皆さん、いつもより心なしかのびやかな作品になりましたね!

花材は同一でも、同じ作品にならないよう、各自の個性とお稽古年数に応じた手直しをして、作品が完成するようにしました。

この、ほんのちょっとの手直しが凄く生きてくるんです。「垢ぬける」というのでしょうか?「皆さんのお顔が見える作品にしたい」といつも願っています。

 

同じようにしてしまうのでは単なる教科書通りのお稽古花。
レベルや段階に応じて、ご自分の花をいけてほしい。

お仕事でお疲れのところを通ってくださる皆さんが「楽しかった」「来て良かった」と思ってほしい。ご事情でお休み中の方も、おうちでご自分の花をいけて楽しんでほしい。当講座は、“十人十色”のお稽古が目標です。

 

4月18日【ポイント花:リキュウバイ(利休梅)】

鏑木先生より《リキュウバイ(利休梅)》
今日は端午の節供を前に、素晴らしい組合わせが届きました!
リキュウバイ、ショウブ、ナデシコです。

◎リキュウバイは、日本に入ってきたのは明治以降のようですが、茶の湯の茶花でよく使われため「利休梅」という字が充てられているようです。
茶花は蕾がメインで、開いたものはあまり使いませんが、いけばなでは自然の姿をそのままいかしましょう。

◎ショウブは、菖蒲園で咲いている情景を思い浮かべながら、出処や姿を大切にいけてもらいました。
決して斜めには咲きませんよね。
花が開いた時の美しさも想像し、向き(正面)を意識しましょう。
いけばな用は、菖蒲湯のキショウブと違って香りはありませんが、華奢で凛々しく美しい葉の姿を大切にしてもらいました。


今日も皆さん、それぞれの構想で花器との相性も考えながら瑞々しくいけることができましたね!

 

4月4日【ポイント花:ストレチア】

鏑木先生より《ストレチア》
新学期ということでお正月花のような、豪華なストレチアが届きました。
作品としては他の3種類(タンチョウ、ドラセナ、アスター)だけでも十分まとまるのですが、せっかくなのでストレチア2本をどう入れるか!?力試しをしてもらいました。

空間も花材の一部です。高低差、あるいは前後左右を意識して、皆さん、素晴らしくいけることができましたね。
半年ぶり位で復帰してくださった生徒さんもお見えになり嬉しかったです。
この調子で今学期もお稽古頑張りましょう!!

 

3月7日【ポイント花:キウイヅル】

鏑木先生より《キウイヅル》
早いもので今日で今学期が終わりです。この冬場の3ケ月間で、皆さん、本当にお力をつけてくださいました!!

そして本日のメイン花は、ドライフラワーのリースなどでよく見かけるキウイヅルです。一見、手に負えなさそう…難しそうに感じますが、今の皆さんならわりといけやすいと思います。

意外と周りの花との協調性があり、バランスがとれるんです。

どこまでこの枝を自然に生かすことができるか?
ガーベラ、カスミソウ、クロトンとのバランスを考えながら、それぞれが面白くいけることが出来ましたね!

来月からも全員で、楽しくお稽古頑張りましょう。

 

2月21日【ポイント花:桃】

鏑木先生より《桃》

このところ渋い、ややマニアックな花材が続きましたが、今日は雛祭りを前に、一気に春!

桃、ラナンキュラス、菜の花の取り合わせでした。

桃の花の枝をよく見るチャンスでしたので、自分の花材は中心の枝か?脇の枝か?まだ若い木か?お母さん枝か?陽の光を万遍なく浴びて育ったか?日当たりが良くないところが多かったか?皆さんでじっくりと見比べながら、枝のお肌を見てわかるようお勉強してもらいました。

中心枝がメインの人は、まっすぐを活かして…、脇枝が届いた人は、それを活かして面白く…。皆さんそれぞれ上手にいけられましたね。

 

2月7日【ポイント花:クロメヤナギ】

鏑木先生より《クロメヤナギ》
ぱっと見は華やかでも美しくもありませんが、他の花材との調和や取り合わせの面白さが感じられる枝ぶりです。

低くいける時は何もついていない線を。高さを強調したい時はヤナギの目が群集している部分と、すっとしているところ両方をいかしてメリハリをつけつつ、チューリップやアレカヤシの緑色とともに春の伊吹のような感じを出してもらいました。

こういった引き立て役にスポットを当ててみるのも、自由花の面白さです。いろいろとお勉強していきましょうね!

 

1月31日【ポイント花:ベニツゲ】

鏑木先生より《ベニツゲ》

お稽古花としては初めてといっていい、珍しい枝物が入っていましたので、本来なら今日のメインはユキヤナギでしたが、あえてこちらを主役に抜擢しました!

 

よく見ると表面がテカテカしていて、色も緑と赤が交互に色づいており、とても貴重な品種です。ユキヤナギは軽やかに、こちらは地味でも締める役割で、おもしろいバランスでいけられましたね。

 

今日は末日でご出席が少なく寂しかったのですが、来られた皆さんはじっくりと植物と向き合えましたね。来月も頑張りましょう!!

 

2018年1月17日【ポイント花:ヒメミズキ】

鏑木先生より《ヒメミズキ》

早春を感じさせるヒメミズキが届きましたので、枝ぶりをよく見て、無理な作為をせずに自然の姿、伸びやかさを活かしていけてもらいました。

よく見ると蕾が実にかわいらしいんです♪

スイートピーのピンク、カラーのホワイトと3つでシンプルな中に、爽やかな春の息吹を感じることが出来ました!!


こちらのお稽古は型に沿って全員同じいけばなをいけることは行いません。おうちのスペースはそれぞれ異なるでしょうから、今日のお花はどこに飾るかをお聞きしてから指導しています。

せっかく銀座でお稽古をしているのですから、各自のファッションやキャリアと同じように、基本が身に付いたら、おしゃれにかっこよく“いけばな”を表現していきましょうね!

 

 

※2016年~2017年のお稽古作品は 次ページのアーカイブ にございます。ぜひご覧くださいませ!

 

 

おすすめ関連講座~ご一緒にいかがですか!?

茶道教室 小笠原流惣領家煎茶道と美しい和のマナー 代永良子のボタニカルアート(植物画) 観世流能楽師 浅見慈一と学ぶ お謡・お仕舞事始 →室町時代から続く“茶・花・能”を体感! 香道 御家流 書道教室

◇和のお稽古ご受講事例は、ぜひ コチラ をご参照ください!